ENGLISH


法隆寺金堂壁画ギャラリー(順次更新拡大)

法隆寺金堂壁画のサイトとしては、 法隆寺金堂壁画 があるが、あまりいいイメージではなく、いったいどこが優れた壁画なのかよくわからない。また、なぜか焼損後のイメージばかり多量にある。ただ、焼失を免れた飛天については、 法隆寺飛天ライブラリー がある。ここには、飛天だけでなく、薬師浄土図(全景)、釈迦浄土図(全景)も追加されたようで、今後に期待したい。
M. Sullivan のThe Arts of China,1973, Berkeley
These paintings, after miraculously surviving for twelve centuries, were almost totally destroyed by fire in 1949, a disaster to the art of the world as great as if the frescos of Sistine Chapel or those in the cave-temples of Ajanta had perished
 のような賛辞を多くの人が出している。しかし、なぜ、法隆寺壁画の焼損が、「シスチナ礼拝堂壁画の焼失」に例えられる損失なのか納得するには、「優れた絵画」であると納得できるイメージが必要である。

1949年1月26日に焼損してみるかげもなくなっているのだから、火事以前のカラー写真イメージは非常に貴重である。一部でハイビジョンや高精細度イメージで保存しているようだが、インターネット上にはないようだ。 本ですら、現在、簡単に購入できる本は、「法隆寺金堂壁画」(朝日新聞社)という1冊しかない。
そこで、著作権に問題のない、50年以上前に出版された本などから、質のよいカラー写真図版を収集し、 順次、紹介することにした。クリックすると300K〜1M 程度の精細画像がでるようにした。


第6壁 阿弥陀浄土 全@

第1壁 釈迦浄土 全@

第10壁 薬師浄土 全@

第9壁 弥勒浄土  全 @

第6壁 阿弥陀浄土 左、 勢至菩薩像 A

第6壁 阿弥陀浄土 中央、 阿弥陀如来像A 

第6壁 阿弥陀浄土 右、 観音菩薩像 A

第6壁 阿弥陀浄土 左、 勢至菩薩像 頭部A

第6壁 阿弥陀浄土 中央、 阿弥陀如来像 お顔部分。

第6壁 阿弥陀浄土 右,  観音菩薩像 頭部 A

第十壁薬師浄土図、左上部。D

第十壁薬師浄土図、右上部。D

第十壁薬師浄土図、菩薩像A

第十壁薬師浄土図、下部、左約3/4。D

第十壁薬師浄土図、菩薩像, 神将像A

第2壁 菩薩像 全。@

第2壁 菩薩像 中央部。D

第2壁 菩薩像 下部。D

第2壁 菩薩像 頭部。@

第11壁 普賢菩薩像 中央部。@

第11壁 普賢菩薩像 全。@

第3壁 観音菩薩像 中央部。

第3壁 観音菩薩像 全。@

第1壁 釈迦浄土図 中央左部。

第9壁 弥勒浄土  右上部分。

第7壁 菩薩像。 全。@

第4壁 菩薩像。 部分。

第4壁 菩薩像。 全。@

第8壁 文殊菩薩像 中央部。D

第8壁 文殊菩薩像。 全。@

第12壁 十一面観音菩薩像。全。@

第5壁 菩薩像 全 @

第5壁 菩薩像  中央部

外陣頭貫上小壁、羅漢。A

第8壁 文殊菩薩像 頭部。@

第6壁 左上 部分。@

飛天 第14号(現存)@


References

© 2004 HOME™ All rights reserved. .